うかいブログ

2019.11.22更新


歯周病とは「歯周病菌」と呼ばれる細菌が歯ぐきに炎症を引き起こす病気。しかし、実はそれだけでなく、進行すると歯を支えている骨を溶かし、最後には歯が抜けてしまうとても怖い病気です
歯周病は成人の8割がかかっていると言われています。しかし、多くの方が「歯周病」という自覚がなく、いわば「隠れ歯周病患者」といえる状態。

「あれ?すこし歯が動くかな?」と感じるころには、歯を支える骨がかなり溶けており、中等度から重度の歯周病にかかっていると考えて間違いありません。

そんななかで、唯一ともいえる歯周病の貴重なサインが、歯ぐきからの「出血」です。出血は、歯ブラシで傷ができたわけではなく、歯ぐきの組織が歯周

病菌と戦い、体を守ろうとした結果として出てくるものです。そして、「出血」を放置しつづければ、歯周病の進行を許すことになり、骨が溶かされることになります
では、歯周病になってしまったら、どうすればいいのでしょうか?その答えは、とにかく「お口の中の歯周病菌を減らすこと」です。

実は、みなさんのお口には、歯周病菌が大量に生息している場所があります。それが「歯石」です。歯科が歯石取りをしているのは、「汚れ」だからではなく、歯周病の治療や予防のためです。そして、この「歯石」は歯科医院でしか取り除くことができません。

しかし、歯石を取るだけでは根本的な問題が解決できていません。なぜなら「歯周病菌」は放っておくとすぐに何十億、何百億と繁殖してしまうからです。そこで重要なのが「常に細菌を増やさないようにすること」。そう、みなさんの「毎日の正しいケア」です。


「自分のお口のケアは正しいのだろうか?」そんなことを考えたことはありますか?これまで多くの患者さんを診ていますが、「自己流でも全ての歯がしっかりみがけている」という方には、なかなかお会い出来ません。

まず、毎日のケアで重要なのは通常の歯ブラシに加え「フロス」や「歯間ブラシ」などの補助器具を使用すること。

実は、通常の歯ブラシだけでは4割程度のみがき残しがあり、そのほとんどが歯と歯の間だとされています。これでは細菌がどんどん増えてしまいますから、補助器具の使用はとても有効なケアともいえます。
しっかり補助器具を使っていても、歯並びや癖などによって、汚れが落ちないところがあります。

歯科の「歯みがき指導」では、プラーク(歯垢)の付着状態を薬剤でチェックした上で、歯ブラシの持ち方、歯への当て方、動かし方などをしっかりレクチャーします。自己流から脱出して、確実に汚れを落とす技術が身に付きますので、ぜひおすすめです。
あなたは「隠れ歯周病」の可能性はありませんか?また、自己流のみがき方で「本当は汚れが取れていない」という可能性はありませんか?歯周病は歯を失う原因のNo.1です。そんな心配が少しでもあれば、いつでもお気兼ねなくお声がけください。

 

投稿者: うかい歯科

2019.11.05更新

こんにちは。院長の鵜飼です。
今年も、あっという間に11月。二十四節気では上旬に立冬、下旬に小雪と、冬を迎える準備をする季節になりました。

11月といえば、七五三がありますね。
男の子は3歳・5歳、女の子は3歳・7歳のときに健やかな成長を家族でお祝いします。
江戸時代、髪を伸ばし始める3歳の「髪置(かみおき)」、初めて袴をはく5歳の「袴着(はかまぎ)」、初めて帯をつける7歳の「帯解(おびとき)」が由来だとか。
大人への第一歩を祝う、大切な儀式だったんですね。

そしてこの年代は、歯の成長も著しいときです。
乳歯時代のお口の健康は、永久歯に生え変わった後も影響しますので、親御さんがしっかり管理してあげましょう。
お口の大きさに合わせた歯ブラシを使って、歯ぐきを傷つけないよう、ゆっくり丁寧にみがくのがポイントです。
甘いものを覚える時期でもあるので、間食は控え、しっかり歯みがきする習慣を身につけましょう。

投稿者: うかい歯科

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ