小児矯正

歯並びが悪いと、どんな問題が起こるの?

歯並びが悪いと、単なる見た目だけの問題ではなく、将来的に、以下のような問題が起こる可能性が高いです。小児矯正であれば、早めに問題に対処することができるので、このような問題を引き起こす可能性も少なくなります。

  • むし歯や歯周炎になりやすい
  • 顎や顔の形が悪くなる
  • しっかりかめなくなる
  • 顎変形症や顎関節症になりやすくなる
  • 発音障がいを引き起こす
  • 印象が不利になり、心理的コンプレックスの原因となる

小児矯正の種類

小児矯正には、「普通矯正」「床矯正」「機能矯正」「ムーシールド」「部分矯正」「歯列育形成」など、さまざまな種類があります。
その中から、患者さんのお口の状態を考慮し、患者さんのご希望にそった矯正方法を選んでいきます。

普通矯正

ブラケットを使用しておこなう、一般的な矯正です。審美性を兼ね備えた、非常に効果の高い方法です。
最近では、目立たない白い色のブラケットなど、矯正中でも人目が気にならないものもあり、自然な見た目に仕上げることが可能です。

床矯正

永久歯が生えて間もないお子さんにおすすめの方法です。取り外し可能な矯正装置をつけて、歯の位置や顎の大きさを変えていくことで、矯正をおこないます。早めに矯正をおこなうことで、抜歯をおこなわず、費用をおさえて矯正することができます。

こんなお悩みがある方へおすすめです
  • 永久歯がガタガタに生えてきた
  • 永久歯が生えはじめているが、顎の小ささが気になる
  • かみ合わせが逆になっている
床矯正をおこなうメリット
  • 抜歯なしで矯正をすることができる
  • 取り外しが可能な装置なので、歯磨きなどがしやすい
  • 一般的な矯正よりも安くおこなうことができる
  • 顎が広がり、かむ訓練をおこなうことで、顔全体が正常な機能を取り戻すことができる

機能矯正

取り外しができる特殊な装置を使っておこないます。かむ力と舌の力を利用して、歯と顎に働きかけます。全体的にバランスのとれた成長をうながしていくことができます。抜歯を避けるヨーロッパ諸国で積極的におこなわれている方法です。

機能矯正をおこなうメリット
  • 抜歯なしで矯正をおこなうことができる
  • 取り外せるので、歯磨きなどがしやすく、むし歯になりにくい
  • 歯だけでなく、顎の骨にも働きかけることができる
  • 治療後の後戻りが少ない
  • 上下の歯を同時に治すことができる
  • 発育バランスがよくなる
  • 歯とあごに無理な力をかけないので、治療後の顔が自然に仕上がる

ムーシールド

寝ている間だけ矯正装置をつける、簡単な矯正治療法です。一般的には、数ヶ月~半年で歯並びが改善されます。治療が終了しても、後戻りを防止するために継続して装置を使っていただきますが、1年もすれば整った歯並びになります。

部分矯正

乳歯が永久歯に生え変わる時期におこなう方法です。固定式の装置をつけ、部分的に治療をおこなうことで、永久歯の歯並びを良くすることができます。特に、骨格のバランスが悪い方・歯の生えるスペースが不足している方は、この時期からの治療をおすすめします。

歯列育形成

5~8歳頃からの治療に適した方法です。歯列育形成をおこなうことで、顎の成長をうながし、歯並びが悪くなる原因である「顎の小ささ」を改善します。この治療法が開発されたことで、大人になって抜歯をともなう矯正治療が必要なケースが、大きく減ることとなりました。